最も環境に配慮したリージョナル航空機

ATRの航空機は、遠隔地の地域をつなげることで、世界の経済と社会の発展、地方分権、サステナブル・ツーリズムの実現に貢献します。ATR機は、最も燃料消費量が少なく、最も環境に配慮したリージョナル航空機です。汎用性、運航の柔軟性に優れた航空機であり、地上インフラが限られる空港にも運航できるので、地域路線用として最適です。ターボプロップエンジンは、リージョナルフライトにきわめて適した技術であり、同等サイズのジェット機と比較して、燃料消費を大幅に減らします。

 

CO2排出量を40%削減

リージョナルジェット機と比較した、運航1回あたりの消費燃料

2.8L / 100km

1座席あたり

持続可能なツーリズムの実現

グリーンファイナンス

2019年に、ATR 72-600は、民間航空機として初めて、グリーンファイナンスの対象となりました。同機はリージョナルジェットに代わる、より持続可能な選択肢として認められており、旧世代のリージョナルジェットからATR機への切り替えを航空会社が希望したことで、グリーンファイナンスとして融資を受けました。

ターボジェット vs ターボプロップ

リージョナルルートでは、消費燃料をターボジェットの半分に抑えられるターボプロペラが、最も燃料効率に優れたエンジンとなります。

プロペラの優位性

ターボジェット:ターボプロップに比べ約2倍の燃料消費

Read more

ターボジェット:ターボプロップに比べ約2倍の燃料消費

ターボジェットは、ターボプロップと同じコアエンジンを採用しており、ガスタービンを用いたエネルギー発生技術も同じです。ただし、ターボプロップについては、1時間、500 kmの飛行での燃料消費を、ターボジェットよりも40%少なく抑えることができます。

ターボプロップ:卓越した効率性

Read more

ターボプロップ:卓越した効率性

ターボプロップで用いられる推進システムはターボジェットとは異なり、発生したエネルギーがプロペラを動かします。より少ない動力で空気を加速させるので、消費する燃料も少なくなります。1時間のフライトでの標準的速度である約500 km/hでは、ターボプロップが消費する燃料は最大で40%減、排出するCO2も最大で40%減となります。

限られた地上インフラにも対応

地上支援用機材を減らす

Read more

地上支援用機材を減らす

一体型フットブリッジ(乗降ステップ)が装備されたATR機は、世界中の小さな
空港や不便な場所にある空港でも運航できます。

大規模飛行場の建設は不要

Read more

大規模飛行場の建設は不要

ターボジェット機が離着陸する地域空港では、ターボプロップを運航する場合よりも、広大な面積が必要となります。

グリーンファイナンスの対象として認められた初の航空機

2019年より、ATR機は、独立ESG評価機関Vigeo EIRISによるグリーン​ボンド原則とグリーンローン原則に適合しています。

ICAO規格への準拠

1986年以来、離着陸時の窒素酸化物(Nox)、一酸化炭素(CO)、未燃焼炭化水素(HC)の排出は、規制により制限されてきました。そして2020年には、巡航中のCO2の排出量に対する制限も導入されました。ATRのエンジンは、最新のICAO(国際民間航空機関)規格に準拠しています。

航空機のリサイクル

保守、修理に加えて退役後のリサイクルをサポート

ATRは、航空機メーカーとして、保守保全や退役機の管理にも積極的に関わっています。航空機のリサイクルは、当社の環境負荷低減の取り組みにおける重要な優先事項のひとつです。そのためターマック・アエロセーブ(Tarmac Aerosave)社と連携して、退役機を解体し、その機体部品の85%をリサイクルしています。2019年には、同社との協力の下、ATR 42-500を2機解体し、1機体あたり750個のパーツのうち500個を回収しました。すでに機体リサイクルのための特別なサービスもスタートしています。

最大85%の航空機パーツをリサイクル・再利用

エンジン、座席、各装備品、ランディング・ギアなど、1機あたり8~9トンのリサイクルや再利用を行っています

2018年以降5機でリサイクルを実施

2018年から現在までに、ATR 72-500を2機、そしてATR 42-500を3機解体し、それらのうち2機は学校に提供され、3機については、弊社で全体の85%をリサイクルしました

Get in touch with ATR

Contact Us