サステナブルかつ効率的に日本をつなぐATR

状況変化に強いATR、日本市場の機会獲得に期待

ATRは本日、日本の関係者向けにオンライン説明会を開催し、製品および市場に関する最新情  報を発表しました。最高経営責任者(CEO)ステファノ・ボルトリは、日本市場での事業が堅 調に推移し、今年度も納入見込みがあるとし、世界で最も効率的かつ環境に配慮したリージョ ナル航空機メーカーであるATRにとって、政府が温室効果ガス排出量削減の取り組みを強化し、 短期的な機材更新需要も増加している日本は、引き続き重要市場であると述べました。

ステファノ・ボルトリは更に次のように述べています。「世界全体が新型コロナ感染拡大から の回復に苦戦しており、航空業界も多大な影響を受けました。しかし、新型コロナによって、 この業界は、より明確な行動によって温室効果ガス排出を制限し、世界の安全や人々を守る取 り組みを加速させています。日本政府は2030年までにCO2 排出量を46%削減するという目標 を発表しました。社会全体がより環境に配慮した航空を求める中、ATR機ファミリーはその目 的達成に最も適しています。」

ATRは、日本における直近の機材更新需要は最大40機になると見ています。ATR機のCO2排出 量はリージョナル機市場最小で、同サイズのリージョナル・ジェット機との比較では、消費燃 料、CO2排出量とも40%少なく、1機あたりのCO2排出量が年間4,000トン削減されます。燃費 の良さに加えて、安全かつ最短距離のルートを提示する性能準拠型航法(PBN)や持続可能な 航空燃料(SAF)を通じた消費燃料削減にも取り組んでいます。ATR機は現在、50%の持続可 能燃料(SAF)による飛行が承認されていますが、将来的には100%のSAF搭載まで引き上げ る予定です。そうすることで、従来燃料と比較すると、航空機のライフサイクルを通じてCO2 を最大80%削減することが可能です。

ATR 42-600の派生型であるATR 42-600Sは、短距離離着陸機(STOL: Short Take-Off and Landing)で、日本の小規模空港への就航を可能とし、遠隔地コミュニティを結ぶ重要な交通 手段となりえます。ATR 42-600Sは仕様が確定し、性能も確認され、量産開始を意味する「成 熟度ゲート7」と呼ばれる航空機設計フェーズの最終段階に無事達成しました。ATR 42-600S の初飛行は2023年、納入は2025年初頭を予定しています。

ATR機シリーズには最近、貨物専用機も加わりました。ATR 72-600Fは、大きなカーゴ・ドア があり、床を強化した窓のない構造のため積み込みが容易で、収益性の高い貨物輸送を実現し ます。3~9トンクラスの貨物需要増に対応するとともに、大都市から地方への輸送だけでなく、 地方と地方、あるいは地域内部の高速物流ネットワークの構築に貢献します。新型コロナ感染 拡大に伴う既存オペレーターのニーズ変化に対しては、迅速に旅客用から貨物用に機体を変更 できるソリューションを通じて、より一層の柔軟性を提供しています。

ATRのリージョナル航空機は、離島への医療従事者やワクチンの輸送など、必要不可欠なサー ビスを提供し、日本市場で重要な役割を果たしています。新型コロナウイルス感染拡大にもか かわらず、ATR機の運航は堅調に推移し、日本では新型コロナ前の水準を上回り、ATR機の適 用性や持続性の高さが実証されています。

ボルトリは「リージョナル航空機市場で最もサステナブルなATRの航空機は、環境に責任ある 方法で、日本の人々と経済を結びつけるのに貢献しています」と述べています。

Press Kit

 

ATR について

ATR は世界No.1 のリージョナル航空機メーカーで、90 席以下のリージョナル機市場のベ ストセラー機ATR42 及びATR72 を製造しています。社員全員が、世界中の人々を環境に 責任ある方法でつなぎ、その発展をサポートするという一貫したビジョンをかかげていま す。継続的な改良を原動力とし、ATR は最先端の快適かつ汎用性の高いターボプロップ機 を製造し、毎年100 以上の新規路線開設に寄与しています。リージョナル・ジェット機と 比較し、消費燃費、CO2 排出量とも最大40%減となっています。これらの理由からATR は、世界約100 カ国、200 以上の航空会社に選ばれています。ATR はエアバス社とレオナ ルド社の航空業界大手2 社が共同パートナーシップを結んだ事業体です。 詳しい情報はhttps://www.atr-aircraft.com/jp をご覧ください。

About ATR

ATR is the world number one regional aircraft manufacturer with its ATR 42 and 72 aircraft the best-selling aircraft in the less than 90-seat market segment. In 2019 the company had a turnover of US$1.6 billion. The unifying vision of the company’s 1,400 employees is to help everyone, no matter where they are in the world, to connect and develop in a responsible manner. Thanks to the efficiency of turboprop technology and the benefits of the company’s focus on continuous innovation, ATR aircraft open more than 100 new routes every year, burn up to 40% less fuel and emit up to 40% less CO2 than regional jets. For all of these reasons, ATR aircraft have been chosen by some 200 companies in 100 countries around the world. ATR is a joint-venture between Airbus and Leonardo.