ATR 42-600S:設計を完了し事業化フェーズへ

2021年5月12日 – ATR 42-600Sの開発が、重要なマイルストーン、「成熟度ゲート7」と呼ばれる航空機設計フェーズの最終段階に達しました。全体の機体仕様が確定し、機体性能が確認され、ATRのパートナーやサプライヤーは、初の関連部品の製造を始めることができます。すなわち事業化の本格的なスタートです。

さらに詳しく

必要不可欠な繋がりをすべての人に届ける

ATR 42-600のSTOL(短距離離着陸型)モデルであるATR 42-600Sは、改良の結果、必要離着陸距離を現在の1,050Mからわずか800Mへと縮めることに成功しています*。この改良のおかげで、同機を使用できる空港が数百ヵ所増え、航空会社には新たなビジネスチャンスをもたらします。また、さまざまな地域の人たちが、世界規模で経済や医療、教育、文化へ容易にアクセスできるようになります。

700NM

900Mの滑走路
からの航続距離

800M

必要な滑走路長

30-50

座席

遠隔地にもアクセス

地域とのつながりが向上

ATR 42-600Sは、滑走路の長さが800~1,000 mである空港500箇所での離着陸に対応できます。このモデルの登場は、地域との接続性が増し、乗客と航空会社の両方にメリットをもたらします。

技術的に見たATR42-600Sの特徴

バーチャルツアーを体験する

最大50座席のATR 42-600Sは、座席数こそATR 72-600(最大78座席)より少ないものの、客室の設計や乗客の乗り心地に変わりはありません。

快適な客室をバーチャルにご覧いただけます

  • 最も広い機内横幅
  • 最も広い座席幅
  • 最も広い通路
ツアーを始める

運航の最適化を目指した、コックピットの継続的技術革新

ATR-600シリーズのフルグラスコックピットは、充実した機能を備え人間工学に配慮した操縦環境をパイロットに提供することで、安全で効率的な運航を可能にします。快適性に優れ効率性の向上も実感でき、ヒューマンマシン・インターフェースの水準を引き上げるコックピットです。

航法や通信そして監視に関連する機能が、モジュール方式のアビオニクス・アーキテクチャ内に統合されています。この最新の設計思想はオープンで、また技術の進化を想定し、将来新たなソフトウェアやハードウェアの機能を個別に取り入れることもできます。この継続的発展を重視する姿勢こそが、ATRのDNAです。

こうした独自の特徴を、下の画像でターボプロップ機のコックピットを確かめてください。いずれも今後のさらなる改善に対応できるよう設計されています。

コックピットについて

シンセティック・ビジョン・システムが 空間識失調のリスクを低減

5つの大型液晶ディスプレイは、定期的にソフトウェアがアップデートされ最新の改善が反映されるような設計がされています

電子チェックリストを備えるエンジンおよび警告ディスプレイが、適切なタイミングで必要な手順を自動で表示

大規模空港でのタキシングをサポートする空港ナビゲーションマップ

Baro VNAV、LPV、RNP AR 0.3/0.3に対応する、最新式の性能準拠型航法機能

オンボード・パフォーマンス・ソフトウェア、各種書類、航空図などを表示する電子フライトバッグ

意思決定を円滑にする、暫定フライトプランおよびエンジンアウトSID機能

機体の性能に影響する場合にウィンドファクターを特定する、反応型ウィンドシアー警報装置

ツアーを始める

諸元

性能

重量とペイロード

機体寸法

 ATR 42-600S
離陸距離 (MTOW, ISA, SL)
912m
着陸距離 (MLW, SL)773m
航続距離 703NM / 1,302km
 ATR 42-600S
離陸距離 (MTOW, ISA, SL)
2,992ft
着陸距離 (MLW, SL)2,536ft
航続距離 703NM / 809mi
 ATR 42-600S
最大離陸重量18,600kg
最大着陸重量18,300kg
最大無燃料重量16,700kg (basic) / 17,000kg (option)
最大ペイロード5,300kg
最大燃料重量4,500kg
 ATR 42-600S
最大離陸重量41,005lb
最大着陸重量40,344lb
最大無燃料重量36,817lb (basic) / 37,478lb (option)
最大ペイロード11,684lb
最大燃料重量9,921lb
 ATR 42-600S
座席数30-50
全長22.92m
翼幅24.57m
 ATR 42-600S
座席数30-50
全長75' 2"
翼幅80' 7"

STOLだから実現したタヒチへの就航

ATR 42-600Sを世界で初めて運航する航空会社はエア・タヒチです。フランス領ポリネシアの太平洋上に連なる、自然に恵まれた天国のような島々でのバーチャル飛行をこちらからお楽しみください。

記事を読む

ATR 42-600Sの詳細はこちらへ

ATRへ問い合わせる

本ページの情報やデータは、AT42-600Sの開発に伴い変更される可能性があります